年末ということもあり、最近余った予算で革道具や設備投資、革の仕入れなど行っております。

その中で、とっても高級ですがファンも多い貴重な革を仕入れることができました。

その名も『ブライドルレザー』(英国・トーマス社製)です!

ご存知の方も多いかと思いますがブライドルレザーについて簡単にご説明すると、丹念にロウを塗り重ねることで繊維を引き締め、耐久性を高めたタンニンなめしの牛革のことで、その頑丈さから古くは馬具などハードな環境で使用する道具の素材として使われていたそうです。

製造方法の違いにも寄りますが「ブルーム」と呼ばれる表面に染み出したロウが薄雪のように吹いているのが最大の特徴です。

今回仕入れたトーマス社のブライドルレザー(ダークブラウン)は、このブルームが特に多めで、見ていて面白い&キレイですね(商品製作の工程でブルームが多少落ちてしまいますが)。

今後も安定して供給できるかはわかりませんが、ひとまずこのブライドルレザーで通常タイプとラウンドファスナータイプの長財布2種を定番品として開発していこうと思っております。

それでは、乞うご期待!