今日も革道具のお話しをしていこうかと思いますが、今回は最近導入したカッターナイフ、その名も「グランツ・エクストリームカッター」について。

高級感のあるボディ

このカッター、他と何が違うかというと「刃ブレがない」ということ。

「刃ブレって何?」ということですが、試しに普段使っているカッターの刃を出して、適当な場所に刃を当てて揺らしてみてもらうとわかると思いますが、なんだか「カチカチ」と音がするかと思います。

グランツ(上)と昔から使っているNTカッター(下)

それが「刃ブレ」です。

要はカッターの刃がしっかり固定されておらず、本体と刃が当たることで「カチカチ」と音がなっているのです。

この刃ブレがあると、細かい部分をカットしたりする際に刃がグラっと揺れて上手く切れなかったりするのです。

そこでこの「グランツ」ですが、刃ブレを無くしている仕組みとしては、刃を本体全体で「挟んで固定している」ことでブレることなくしっかりホールドされているのです。

刃を開放している状態。隙間が真ん中に若干あります。
刃を固定した状態。わかりにくいですが隙間がピタッと閉じています

実際に使ってみての感想は、まず「切ってて気持ちいい」ということ。

月並みな表現ですが、カッターの刃先まで手の一部のようだ、とでも言うのでしょうか、ちゃんと「こうやって切りたい」という自分の意志と手の動きに100%リンクしてくれる感覚があります。

あと革の裁断の際に重要な刃の角度についても、刃がグラグラすると上手く垂直に裁断できないときもあるのでもっぱら革包丁を使っていましたが、グランツならその辺りの不安が無いので安心して使えます。

よく研いだ革包丁の切れ味には敵いませんが、細かい部分や定規を使用した裁断もできて使い勝手が最高なので、グランツあればOKな気もしてきました(切れ味悪くなっても刃を折るだけで済みますし)。

ちなみに、グランツを買うと最初から取り付けてある刃と予備が数枚付いてきますが、この刃が結構切れ味が良くてイイ感じなのでとりあえずそのまま使おうかと思っていますが、替刃はやっぱり「NTプレミアムカッター黒刃」ですかね。

初見で「カッターってこんなに切れるの?!」と驚いた黒刃

ハンドプレス機の導入のように劇的に作業効率がアップ!というものではありませんが、地味ながら作業の質の向上として、これはなかなか良い買い物でした。

興味がある方はぜひ、お試し下さい。