革ブランド【KASANE】オーナーのコラム

投稿者: kasane Page 1 of 2

今年もよろしくおねがいします。

2021年、あけましておめでとうございます。

全国的に寒波が襲う寒々しい新年となりましたが、今年も無事新たな年を迎えることができ、ありがたい限りです(ちなみに北海道は連日氷点下マイナス10℃以下が続いております・・・)

今年もまだまだ緊迫した状況は続きそうで、3月に札幌ドームでのイベントも出店予定ですが、無事開催されるかどうかはまだわからない状況です。

それでも、どんな形であれ皆様にKASANEの商品を手に取って頂ける機会を設けていきたいと思っています。

色々と皆様にお世話になることも多いかと思いますが、今年も改めてどうぞよろしくお願いいたします。

今年のKASANEを振り返る。

2020年ももう数日で終わりますね。

今年は世界中の人が特殊な一年を過ごすことになったかと思います。

年の瀬ということで、KASANEの今年一年の活動を振り返って見ようかと思います。

KASANEの新パッケージは2つの意味でお得

KASANEでは商品をお送りするとき、オリジナルのパッケージに商品を入れて、それを各種配送用に梱包してお送りしています。

そのパッケージですが、以前まで機械箱タイプのデザインのものを使用していましたが、今年の夏頃から一部の商品を除き、新たにデザインした新パッケージを導入しております

それがこちら👇

システム手帳のオーダー頂きました。

この度、2つのシステム手帳のオーダーを頂きました。

内容としては過去に販売していたバイブルサイズのシステム手帳の部分カスタムになります。

【革道具】刃ブレゼロのカッター「グランツ」がすごい

今日も革道具のお話しをしていこうかと思いますが、今回は最近導入したカッターナイフ、その名も「グランツ・エクストリームカッター」について。

【商品開発】ブライドル仕入れました

年末ということもあり、最近余った予算で革道具や設備投資、革の仕入れなど行っております。

その中で、とっても高級ですがファンも多い貴重な革を仕入れることができました。

【オーダーメイド】クラッチバッグ

以前、オーダーメイドの相談を受けていたクラッチバッグですが、嬉しいことにその後発注してもらい、完成に至りました!

【革道具】買ってよかったハンドプレス

今回も道具のおなはし。
ということで、前々回でもチラッと触れたハンドプレスについて。

【革道具】接着剤のこれから

今回は革製品を作るために必要不可欠な道具の一つ、接着剤についてお話ししようかと。

革製品をつくる『道具』のおはなし

革製品をつくるために本当にいろんな種類の道具を使いますが、個人的見解ですがそれらの道具はだいたい下記↓の2種類に分けられます。

・必ず必要な道具

・無くても作れなくはないけれど作業が捗る道具

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén